源平咲き

千葉鎌ケ谷ステーションの近くに珍しい桃ノ木があります。
毎年桜が咲くころになると、1本の木から赤い花と白い花が
同時に開いて、紅白の美しいコントラストを作ります。
接ぎ木でもなく、遺伝子の突然変異でこうなるのだそうで、

源氏と平家の旗の色を模して「源平咲き」というそうです。

 

One thought on “源平咲き

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。