人生の先輩

こんにちは!
八王子の榊です!

もう秋となり、あわーずで働いて3年目に突入しました。

今まで、たくさんのご利用者様に携わることが出来、光栄に思っております。

と言うことは、2年以上お付き合い頂いてるご利用者様もいらっしゃるわけで、公私混同してはいけませんが、良好な関係を築けているのかなと勝手ながら思っております。

先週、進行性のご病気をお持ちの方が、ふと、「わたしの病気はどうなるの?」と聞いてくることがありました。

ここは、正直はぐらかすべきか、本当のことを言うべきか迷いましたが、了承を得て本当のことをお話しました。

失敗したかなと思いましたが、その方は笑ってくれました。

「じゃあどうしよっか?」

とその方は前向きに捉えていました。
闘病ってこういうことなんだろうなと、自分は戦う姿勢でいたのか?と面食らいました。

ぼくは、まだまだ未熟者です。笑

あと、ぼくのプライベートなことを相談しながらリハビリすることもあります。

こういうことがあってもうダメだ~なんて弱音吐くと、91を迎えるおじいさんが

「そんなん、ぼくぐらい生きたら、ちっぽけに見えてくるよ。これからいっぱいそういうことがあるんだから」

と言ってくださいました。

ごもっとも!!
ぼくはまだまだ未熟者です。笑

何が言いたいかと言うと
この仕事は深い!ってことです。

どっちが、ケアされてんだが分からないですが、これからもご利用者様の生活をサポート出来るよう精進します!!

5 thoughts on “人生の先輩

  1. なるほど深い・・・利用者さんに元気を与えて、利用者さんから勇気をもらって、give&take もらいすぎても、与えすぎてもNG バランスが大事でしょうか?

  2. 榊くん

    人生いろいろ。
    反省を繰り返し人としてバージョンアップ。
    利用者家族そしてステーション時々会社の立場で「now&future」

    頑張るぞ!

  3. 榊さんのブログを21:45に読んで
    目がしゅぼしゅぼしてます。。。

    偉そうなことは言えませんが
    こういった深い仕事を微力ながら
    サポートさせていただいているんだな
    と夜な夜な実感しました。

  4. 榊さん
    お疲れ様です!
    心温まるお話です。
    信頼関係が改めて大切だと感じました。
    時には正直になることも学びました。
    ありがとうございました。

  5. 凄く深い話ですね。色々考えさせられました。
    ありがとうございました。これからも頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。