病院往訪 !

こんにちは松戸ステーションの宮下です。

本日、八王子ステーションの冨山管理者と船橋市にあるセコメディック病院に行きました。

冨山管理者の知り合いの堀田先生を紹介して頂きました。

堀田先生からはガンマナイフ治療についてお話をお聞きしました。

※ガンマナイフとは・・・

半球状に配置された約200個の線源(コバルト60)から出るガンマ線を一点に集中して照射することで頭の中の病変を治療する定位的放射線外科治療装置です。

※ガンマナイフの役割・・・

ガンマナイフは従来の放射線治療のような開頭手術の補助的手段にとどまらず、症例によっては頭蓋内疾患の主役ともなりえるものです。

対象疾患は脳腫瘍全般、脳血管奇形・三又神経痛やパーキンソン病に伴う手のふるえなど、脳外科が扱う疾患の多くの分野にわたり、それぞれについてガンマナイフは主要な治療法の1つとして威力を発揮します。

セコメディック病院では5,000以上の治療経験を有するガンマナイフのスペシャリストが治療を担当することで、最新装置を駆使したより安全かつ確実な治療を行うことが可能です。

その後、地域連携室方との情報共有をさせて頂きました。

3名でこちらの病院の地域連携室を支えています。

本日はお忙しい中ご対応ありがとうございました。

今後ともあわーず千葉松戸訪問看護リハビリステーションを

よろしくお願いします。

 

病院往訪 !」への3件のフィードバック

  1. 船橋のセコメ病院懐かしいです。地域貢献やリハビリにも力を入れている病院ですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。