勉強会参加

こんにちは!新宿ステーション宮下です。

先週新宿パークタワーにて実施しました

四谷地区在宅医療勉強会にジアン管理者、小沼看護師と出席しました。

https://lh3.googleusercontent.com/-mHT7MrZDRXc/XHOBTTbY4qI/AAAAAAAADXY/iSMJtG0jMh4y3Qcy0QUVFBzg74iOW5HoACK8BGAs/s512/2019-02-24.jpg

お世話になっているクリニックの先生から在宅医療の現状のお話を聞きました。

急変された方の事例のお話を聞き、改めて訪問看護の重要性を認識しました。

認知症診療のお話では、高齢者てんかんと認知症が間違われる理由について、ビデオと先生による実技指導にて認知症早期発見のためのスクリーニング例を学ぶことが出来ました。

次回も勉強会に参加して医療知識を身につけたいと思います。

勉強会参加」への1件のフィードバック

  1. お疲れ様でした。
    私も「てんかん」という病気は、「頻繁に起こって体や顔が硬直して震える病気」だと先入観がありました。でも、「サイレントてんかん」とでも言うのでしょうか、自分の父親が1年、半年に起きるものが病院で「てんかん」と診断されたときはビックリしました。
    新しい情報や知識を取り込むことで、自分の先入観をどんどん更新していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。