あわーずのヒアリングに中国の数十の介護施設事業を有する経営者が来社!!

先日、社労士法人 人事部サポートSRグループ
そして、あわーず訪問看護リハビリステーションの
ヒアリングに中国で医療機関及び介護施設を数十経営されてる方々がヒアリングに来られました。
中国は今まで介護は施設という国の政策日時もと、今まではありましたが「在宅」の考え方を日本、オランダから学ぼうという昨今の動きだそうです。前回訪問しました介護事業者を500社束ねてる介護協会会長から是非一緒にと武運相応にラブコールをいただいてます。
中国ではリハビリは医療法配下でないことから、まずは在宅リハビリをご一緒できるかの提案を始めます。
今後、現場の足元、日本の足元を固めながら中国訪問リハビリ、「利用者目線」「利用者の立場に立って」の指導提案です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。