石川金沢ステーション総勢30名全体会議と懇親会開催!機能強化型2の指定ステーションまであと少し!!

昨日、あわーず石川金沢訪問看護リハビリステーション及びあわーず石川金沢居宅介護支援ステーション合同2018年度全体会議及び非常勤医療スタッフ+「おこちゃま」同席可で新年会を総勢30名前後で開催しました。開業5年目を迎え、第2ステーションを稼働させ2拠点を形作る難しさと可能性、そして攻めの今年度の会議でした。石川県には機能強化型2の指定ステーションは1カ所のみだそうです。今年は当ステーションが指定を受けるも目標です。終末期看取りの数であるとか大学看護学科の実習生受け入れ、居宅があるかとか、基準は高いですがあと小児利用者(限定条件は色々ありますが)2名の基準をクリアすることのみまできています。あわーず東京新宿訪問看護リハビリステーション及びあわーず東京新宿居宅介護支援ステーションもまだ売上高は金沢と比較すれが半分ですが、黒字化され同じように機能強化型2を目標にして目指しています。次は日本でも数少ない機能強化型1を目標にします。みてください、医療職常勤、非常勤を40名束ねる管理者が本部との連携強化も含め新年会で挨拶しています。4月にはステーションの隣にある社労士法人人事部サポートSR 金沢支社も5名体制を目指します。さらなる連携強化です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。