運営母体社労士法人が大連で業務委託準備に行きました!

あわーず 訪問看護リハビリステーション運営母体である社会保険労務士法人 人事部サポートSRの給与計算業務拠点の一つに中国大連にある大連事務センターに、社労士業務を行う運営グループのサブリーダー2名が4000名分の業務委託準備に行ってまいりました。どの人かな?おっさんと淑女です。わかります?この大連事務センターは株)あわーず の株主の方との合弁拠点です。将来はあわーず 業務もどこまでBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)できるかも視野に入れなくてはと思っております。弁護士・会計士・司法書士・税理士、社労士・行政書士等サムライ業の大きな過渡期です。未来に生き残る事業の拡大キーワードはクドイですが、CとMとHです。C(クリエイティビリティ)・M(マネジメント)・H(ホスピタリティ)です。全スタッフの目線をこの方向性でムーブメント起こします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。