関東、九州で「シフト管理に よる売上up、業務効率up1日研修」を開催!!!

先週末の土日で、あわーず 訪問看護リハビリステーションの研修担当役員
でもある山本cooによる「シフト管理による売上up、業務効率up1日研修」
を土曜日東京で八王子、新宿、江東、品川、千葉ステーションの管理者看護師、
SV、医療総務スタッフ及び本部スタッフ、日曜日は八幡、博多、
飯塚ステーション管理者看護師、SSV、SV、医療総務スタッフの
参加で行いました。小売流通業、外食飲食業では契約社員、
パート、アルバイト等非常勤の雇用形態人材の採用、シフト管理の
推進は当たり前ですが訪問看護リハビリステーションの分野では
病棟中心に医療現場のみで仕事をしてきた看護師さんが多い中、
マネジメントの基本非常勤スタッフ活用とシフト管理の経験がある
スタッフは稀です。
このマネジメントの考え方、方法論の考え方とワーク中心の研修です。
活発な課題提案もあり、集まる事・ダイレクトコミュニケーションの
大事さを痛感しました。私も人事労務の世界で35年生きてきましたが、
強烈に心に残る考え方がありました。「まずは理想で考える」です。
ステーション予算、戦略戦術はどうしても創業して4、5年のトライ&エラー
の実績をマイルストーンとしてシミュレーションする事、そして外的要因・
内的要因を加味してPDCAを回す事でした。しがらみを一掃して「理想で考える」
GAPを埋めるです。1ステーションのポテンシャルを理想で考えてみました!
①看護師ns、リハビリ職、80m2オフィス面積で常勤
10名・10名です。常勤1名1日5件訪問です。(月間100件) (8000円/1件訪問単価)
②1名の常勤スタッフに3名の非常勤ユニット(単位)で、
常勤スタッフ個別マネジメント、OJT、休日休暇管理です。
(非常勤3名で、例えば1人月、月火1名、水木1名、金曜日1名)
③上記②からns職、リハビリ職双方とも非常勤30名・
30名です。総勢看護師ns常勤10名非常勤30名(実質
20人月)リハビリ職も常勤10名非常勤30名(実質20人月)
1ステーション総勢常勤20名、非常勤60名体制です。上記①②③から 40名(人月)✖︎8000円✖︎100件=3200万/月
年間売上3200万✖︎12自費1600万=4億(年間)です。
医療スタッフの年収1000万越えも夢で無くなります!
現場を知らない妄想家と思われるかもしれませんが、研修でのもう一つの
キーワード「知恵を使う」です。8/1から「あわーず 本部通達」でもご案内
しました、4輪駆動の1輪がまた動き出します。
⑴web就業管理システムIeyasu 導入による労務管理
⑵安倍政権の働き改革ではありませんが「在宅勤務非常勤ns」
⑶地域にもっと知ってもらう「あわーず ハンドブック 小冊子配布」
そして今回の4輪駆動、締めくくりの「シフト管理による売上up&業務効率up」
です。
250名全メンバーでムーブメント起こしましょう。来週週末は全国行脚最終、
金沢福井北陸エリアです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。